Hatena::Grouprunners

ラン&トレイル&トラックブログ RSSフィード

2012-06-15明日は初24時間走

明日は初24時間走です。

13時からスタートですが、天気は最悪、、

24時間走でほとんど雨って・・・。

f:id:yassuu:20120615213504j:image

さすがに、どこまで走るか迷います。

2012-05-20野辺山ウルトラマラソン(100キロ)

野辺山ウルトラマラソンに参加しました。


【目標】

この大会はアップダウンの激しい大会で知られる大会。色んな人のブログを拝見すると、タイムにバラつきはあるのだが、フル:サブ3や100キロ:サブ10程度の人は、この大会では、サブ11あたりを目標にしておくのが妥当なんじゃないかという風に感じる。サブ11を狙いつつ、腰痛で調子もあまりよくないため、臨機応変に目標を変えていく必要があると考えていた。


【スタートまで】

前泊です。ということで前日の16時頃に到着です。ウルトラは朝5時スタートとかが多いので、前泊はとても有効だなぁと思った。もし前泊しないで直接来るとなると、家を朝0時起きとかになりますからね。駐車場は会場のすぐそばにあり、仮設トイレもあるし、セブンイレブンもあるしで、多くの人が車中泊をしているから怖くないしで、車中泊の環境としては申し分ない。ちなみに偉そうに言っているが、前泊は初。来年以降は、5年連続で出ている富士五湖でも前泊しようと思う。

f:id:yassuu:20120527113132j:image

f:id:yassuu:20120527113133j:image


【スタートから10キロ】

スタートしてみると、腰が痛い。1ヶ月前のチャレンジ富士五湖以降痛めている箇所。先週、腰痛もあって仙台ハーフを1時間37分と失速したばかりなので、治るわけもなく、想定通りの状況。「今日は厳しいレースになるな」という不安な気持ちでいっぱいになる。しかし、普通にリズムよく走っていると、5分20秒程度のスピードが出てしまう。まぁ、最初だからいいか・・。2キロくらい行くと、大きい方に行きたくなる。スタート前のトイレ待ちが長かったため、出しきれていないからだ。段々、我慢できなくなってきて、ずっとトイレを探すようになる。ただ、トイレ待ちが長かったり、スルーする。スルーにも限界が来たし、10キロ手前100mあたりのエイドで5つのトイレに5人待ちという状況のトイレがあったので、トイレ待ちをする。

10キロは54分くらいで通過したはずだったが、トイレ待ちも含め、結果的にちょうど1時間くらいで通過。

5キロ 27分40秒

10キロ 60分くらい(止め忘れ)


【10キロ~20キロ】

トイレ待ちのおかげで、10キロの通過が5分程遅い集団と混じることにる。明らかにそれまでと比べると遅く、ややじれったい感じがしたが、体にかかる負荷は小さいため、腰痛を考えるとちょうどいい。今日は、このペースで行こうと思う。このペースで行くならカメラを持ってくれば良かったと後悔。

この辺は未舗装区間で小石の道。パンフレットでは、トレイルシューズを推奨してたが、ウルトラシューズでも特に問題はない感じだ。。ただぬかるんでいたらウルトラシューズじゃ厳しいかもしれない。天候は、数日前からチェックしておく必要があると思う。当日降ってなくても前日雨が降っていたりしたら、トレイルシューズを選択すべきかもしれない。(で、42キロのエイドで普通のシューズに履き替える)坂は思った程の激坂でもなく、「あれ?もう」という感覚のうちにレースの最高標高点をむかえる。

15キロ 1時間39分42秒

20キロ 2時間13分52秒


【20キロから35キロ】

ここからは一旦下り基調。そして、登ったり下ったりの区間。しかし、お腹の調子が悪い。トイレに行きたい。通過するエイドにはトイレがあるが、トイレは、2つのトイレに7人待ちとか、ちょっとあり得ない感じ。出来るだけ粘る。なんと茂みで不自然なウン○ングスタイルをしている人がいる。茂みだが、上半身は見えている。一応、3キロごとのエイドでトイレは準備されているわけで、さすがに、野○ソはやりすぎな気もするが、腹のおかしい状況では、ちょっとうらやましい気もする。

25キロ 2時間47分3秒

30キロ 3時間19分38秒


【35キロエイド(稲子湯)】

我慢の限界が来て、35キロの稲子湯のところで、ついにトイレに。多少待ってでも行かないともう無理な状況であった。7人待ちだったが、並ぶことに。並んでから出るまで15分。その後、休憩で5分。合計20分くらいここにいたかな。おにぎり4つ、おしるこ2杯など食べた。ここで記録的なものは一切あきらめ、完走出来ればいいなと思うようになる。

35キロ 4時間7分54秒


【35キロ~42キロ】

稲子湯から少し登った後は、ひたすら下ります。ともかく下りが長いです。おにぎりを食べすぎて、胃の調子が悪い。

40キロ 4時間39分57秒

42.195キロ 4時間51分21秒


【42キロエイド】

フルの通過は、4時間51分21。42キロの部でゴールしている人がうらやましい。そして42キロのエイドでは、なんとトイレ待ちがゼロ。せっかくなので、大きい方にいっておく。


【42キロ~50キロ】

体も軽くなり、そして42キロの部のゴールあたりからの芝生の下りが続き、とても快適。足に負担がかからず良かったなぁ。

45キロ 5時間13分54秒

50キロ 5時間43分15秒

【50キロエイド】

手打ちそばがあるが、気持ち悪くて、食べる気にならない。もったいないが、スルー。


【50キロ~63キロ】

50キロ付近からは63キロくらいまでは、多少のアップダウンはあるが、やや平坦なコース。このレースの中でも温和な区間です。59キロのエイドを折り返し区間とした55キロから63キロは、行きの選手と帰りの選手ですれ違える場所で、対向車線側の選手を見ていると何となく退屈がしのげる時間帯。

55キロ 6時間23分5秒

60キロ 7時間6分7秒

【63キロ~70キロ】

この辺から完全に体が動かなくなる。段々と、ペースが遅くなり、走れなくなってくる。理由は3つである。①呼吸が何故か苦しく大きく息が吸えない。光化学スモッグになったかのような状態。②食べてないので、エネルギー切れ。③腰痛を中心とした体の動きの悪い状態。ウルトラを走ると誰でも①、②、③のような状態に陥るのは当たり前だが、今日はいつにもましておかしい。特に呼吸がおかしくなったのは初めて。リタイアか迷う。

「とても苦しい。タイムはどうせイマイチなので、完走してもしょうがないじゃないか」という気持ちと「野辺山を制するものはウルトラを制す」という言葉を実践し、ウルトラを制したいという気持ちで葛藤が続きます。

65キロ~70キロの5キロは66分。5キロ66分って、キロ13分。エイドは1回でそれほど休んでないのに・・普通に歩くより遅いペースです。

65キロ 7時間44分57秒

70キロ 8時間51分5秒

【71キロエイド】

71キロのゴールの横を通ります。未だリタイアするか迷っているが、71キロエイドでは、ファイテンのエイドがある。毎年、チャレンジ富士五湖ではお世話になっていて、ローションなのだが、本当にこれを塗ると筋肉痛が取れる。魔法のような薬だ。これで筋肉的には復活し、ついでに、思い切ってそばを3杯食べ、復活。


【71キロ~79キロ】

復活したといっても、周囲の人に抜かれまくる状況は変わらない。しかし、なんとか走れてます。そして、一番の難所と言われる馬越峠です。ともかく歩いて登ります。長い。皆、普通に歩いています。サブ10ねらいの人達だと、多分普通に走るんでしょうね。

75キロ 9時間49分50秒

【79キロ~87キロ】

「馬越峠を超えればゴールできる」という話があるくらいなので、やった!という気持ちになる。馬越峠から川上村のエイドまで。この間は登ってきた分、下ります。最初はキロ9分くらいで降りていましたが、体が下りに慣れてくると、キロ6くらいで降りれます。意外と力は残ってるんだなって思います。

80キロ 10時間55分27秒

【87キロ~90キロ】

平坦なところを走りますが、馬越峠の登りと下りで疲れてしまっていてで走れません。半分歩きです。

90キロ 12時間23分50秒

【90キロ~95キロ】

さぁ、90キロを通過。もう完走することしか頭にない。ここからは、逆算してゴールすることを考える。残り9キロであと86分。残り8キロであと78分・・とか、そんなことしか考えられない。仕事のこととか、そういった雑念は一切ない。「完走して止まりたい」それだけです。残り7キロくらいのところだったか、対向車線側で応援している人で、「この辺の方々ギリギリです」と言う方がいた。「ギリギリなのか?」確かにキロ9ペースで行かないといけない。ガーミンを見ると走ってる時はキロ7~8になるが、あるくとキロ11をさしたりしている。確かにやばいかも。恐らく、周囲の人達も同じことを考えている。周囲の人達も、走っては歩き、、を繰り返してる。皆、も同じことを考えているのだろう。必死なんだろうな。

95キロ 13時間12分59秒

【95キロ~97キロ】

ラスト5キロは13時間12分くらいで通過。あと48分!ラスト5キロというのに、体力がないながらも、ラスト頑張る気になる。やっぱりゴールがちらつくと、やる気になる。気持ちが上がっても、スピードを上げると、とても苦しい。この辺あたりだったか、ゴールのアナウンスが聞こえる。これも、やる気になる。


【97キロ~100キロ】

近付いてきたなと思ったら、ゴール前3キロあたりで会場の裏を通り、また遠くに離れて行く。これがまたテンション下がるのだが、残りの距離は変わらないと気を取り直す。というより自分に言い聞かす。ラスト3キロで29分。なんとかなるであろう。

ラスト1キロ13時間48分。さすがにこれで何とかなるだろう。ラスト700mくらいのところあたりに踏切があった。万が一これで止められたら洒落にならないなとヒヤヒヤしながら、なんとか通り抜ける。

最後は、ラストスパート。と思って、最後の力を振り絞りながら走る。人を抜きながら走りたいと思っていたのですが、周囲に人が押し寄せていて、1列走行。ここは、沿道の両側の人とハイタッチをしながら、走る場所なんですね。。ということで最後は沿道の人に祝福されながらゴール。

最後は13時間57分20秒でゴール。結果としては、制限時間まであと2分40秒。本当にギリギリであったが、これで「野辺山を制するものはウルトラを制す」と言われる野辺山を制した!

ゴール 13時間57分20秒

f:id:yassuu:20120527113131j:image


終わった後、制限時間のところを見た。ラスト猛烈スパートで14時間00分00秒でゴールした人は、完走だったのであろうか?自分も富士登山競走で、4時間29分59秒で入り、頂上では完走と認定されながら、下山してみたら「チップの計測では4時間30分2秒だったので完走とはできません」と完走できなかった経験がある。その後、ゴール間際で完走できなかった人の姿を見た。自分もちょっと遅ければこうなっていたのかなと思うと・・天国と地獄を感じます。


【終了後】

終わった後は、無料券のついていた八ヶ岳グレイスホテルというところで入浴し、帰路についた。しかし、途中高速で力尽きひと眠り、家に着いたのは0時過ぎ。疲れましたね。


【感想】

制限時間ギリギリながらも、野辺山を制することがしました。体調不良の中、途中リタイアをしようかという葛藤に負けずにゴールした自分を褒めてあげたいです。ゴールした時は、結構嬉しかったです。

このようなアップダウンのあるレースは、トレイル的なトレーニングをつんでないとまともに走れませんね。最近は山を走ってないので、厳しかったです。

次出るなら、71キロかなぁ。

野辺山ウルトラマラソンGPSデータ

2012-05-13仙台国際ハーフマラソン(ハーフの部)

仙台ハーフマラソンに参加しました。

チャレンジ富士五湖から腰痛で調子が悪いです。自己ベストが出るわけもない状況で、レースとしてはあまり意味もないので、京都マラソンの時にできなかった被り物を初実践!

f:id:yassuu:20120518212721j:image

【5キロまで】

スタートすると、「おにぎり頑張れ!」と沿道からの声援がすごいです。被り物効果はこんなにあるのか・・と驚く。

最初の1キロは3分58秒。既に苦しい。次の1キロもその次も4分7秒。次も4分7秒。大したスピードじゃないのに、体力的にはもう限界。タイムは今日は厳しそうだ。それなりに楽しむことを重視しようと思う。5キロの通過は既にフルマラソンの通過より遅い。

5キロ21分13秒

【10キロまで】

仙台の中心部を走ります。さすがシティマラソンって感じのコースです。沿道に人が多く、「おにぎり頑張れ」と声援がすごい。とても楽しい!

43分38秒(22分25秒)


【15キロまで】

中心部からは少し外れますが、沿道には人が多いです。段々と、走ることよりも、沿道で応援してくれる人に、リアクションすることが、主になってきます。

1時間6分45秒(23分7秒)

【ゴールまで】

15キロからゴールまではややさびしいところを走ります。しかし、少ないながらも、皆応援してくれる。とても楽しいです。

1時間32分1秒(25分16秒)

最後まで楽しく、ゴール 1時間37分53秒

【感想】

被り物はすごかったです。皆、応援してくれます!ただ、わざわざ仙台まで行って、この程度の走りをして帰るのもややさびしい気もしますけどね。次は北海道で被り物を予定!

仙台国際ハーフマラソンGPSデータ

2012-04-22第22回チャレンジ富士五湖(112キロ)

さて、5年連続5回目の出場になりましたチャレンジ富士五湖。今までは72キロ→100キロを3年ときまして、今年はついに112キロに参加です。


【スタートまで】

1時前に家を出ました。そして、会場付近には2時45分頃到着。会場に最寄の駐車場に入れるぞ!と思いきや、いきなり迂回の案内が。5キロくらい離れた臨時駐車場に。

シャトルバスはなかなか来なくて、バスに乗れたのは3時45分頃。これでも1番目のバス。スタートは4時30分だというのに。(恐らく遅れた人は沢山いたと思う)

こんな感じで暗い中で40分ほど待ちました。(夜景モードで撮っているので明るそうに見えますが、実際は真っ暗。)

f:id:yassuu:20120422030846j:image

受付をして、トイレにいって、ゼッケンつけて、着替えて・・と。ゆっくりする時間がありませんでした。ただ、スタートには問題なく間に合いました。ウォーミングアップの時間はゼロでしたが、ウルトラではウォーミングアップをしないので問題ありません。

【スタート】

号砲は、はるな愛さん。盛り上げ上手です。前から3列目くらいに並んでいたので、間近で見れました。普通に女性っぽいです。スタート時はうっすら明るい感じで、とりあえず、暗い中でも走るのに支障はありませんでした。

【50キロまで】

序盤は富士山がきちんと雲もなく顔を出してくれました。最高ですね。すぐに見えなくなったので、112キロに参加して良かったなって思いました。そしてオーバーペース気味なキロ5分程度で気持ちよく走ってしまいました。30キロ以降は信号待ちとかあったりして強制的に止められたりすることがあり、リズムが崩れます。フルの通過は3時間41分。信号待ちとかのロスを考えると、かなり早めでしたかね。50キロも4時間26分。体力もあり、9時間30分も普通に行けそうな気がした。この時は・・

【50キロ~70キロ】

51.6キロの西浜小学校の坂を登ってリズム変化があった後あたりから、段々と体に違和感を覚え始めました。毎年、この辺で体がおかしくなってくる気がします。キロ6がやっとになってきます。少し苦しくなってきます。前半、もう少しゆっくり入って、体力を温存しておけば良かったかなと思う区間です。

【70キロ~81.6キロ】

この区間は、112キロの部だけの、本栖湖です。初参加の112キロ故に、ワクワクしていました。初本栖湖の感想は、いやー、さびしいですね。車もほとんど通らないし、前後に人もあまりいない。係員も少ない。これは忍耐力がいります。そして本栖湖は意外と雄大で大きいです。景色は結構良かったので、晴れの日に、普通に観光で来たい・・。そんな場所です。

【81.6キロ~100キロ】

本栖湖を1周回って戻って来ると、本栖湖駐車場は人でいっぱいです。参加者は沢山いたんですね。112キロの部で最初の50キロをキロ5くらいで行くと、ほとんど周辺に人がいなかったので、今日始めて人が沢山いる中ではしることになりました。目標の1個であった、通過で100キロベストというのがあり。それに向けて頑張る。91.8キロで9時間2分。よし、なんとかサブ10はいけそうか・・・。そして貯金を使いながらもなんとか9時間54分で100キロを通過。(しかし、100キロの案内がない。手前の99.3キロと次の101.8キロの案内のみ。100キロの案内表示、置いてくれよ・・)

99.3キロ=9時間51分

101.8キロ=10時間8分

という感じです。

一応、サブ10達成!!ってことで、これを年間グランドスラムの用件にしようと思ってたんですが・・。「9時間54分くらい」って・・微妙な記録となってしまいました。

【100キロ~ゴール】

100キロサブ10を達成し、102キロのエイドで10分くらい休憩しました。そして走り出すと、走れない・・。完全に体が言うことを聞いてくれない。休み過ぎたか・・。まぁ、もうあと10キロなんで、歩くか・・ということに。

キロ8分~10分程度のジョギングとウォーキングをしながら、ゴールを目指す。

最後の200mくらい、皆が「感想おめでとう」と言ってくれる。笑顔で挨拶!

f:id:yassuu:20120422171305j:image

そして、何とか、11時間56分でゴール。

f:id:yassuu:20120422171031j:image

【ゴール後】

雨に濡れてとても寒かったです。シャワーに入るが、あまり暖かいお湯が出ず、余計にブルブル震えます。トン汁は、もらったけど体が受け付けてくれませんでした。

今日は、雨だったせいか、小仏トンネルの渋滞が少なかったです。それだけは良かったです。

家に帰り、風呂にだけ入り、そのまま布団に入りました。

【感想】

結果としては、昨年より パフォーマンスは落ちました。昨年は普通の100キロの部で9時間58分、今年は100キロの通過が9時間54分だったわけで、単純にタイムだけ見ると今年の方がいいのですが、このチャレンジ富士五湖は、最後の3キロくらいが激坂のため、昨年の方がいい記録であろう。

タイム
距離タイムラップ
10K49分54秒49分54秒
20k1時間42分25秒52分31秒
30k2時間35分32秒53分7秒
40k3時間30分19秒54分47秒
50K4時間26分23秒56分4秒
60K5時間28分31秒62分8秒
70k6時間35分25秒66分54秒
80k7時間39分37秒64分12秒
91.8K9時間02分08秒83分31秒
101.8k10時間8分34秒66分26秒
112K11時間56分51秒108分17秒

チャレンジ富士五湖のGPSデータ

MattMatt2012/04/24 14:01私も2年連続の年間グランドスラムを目標にしています。宜しくお願いします。
http://ameblo.jp/mattsat2/

yassuuyassuu2012/04/25 21:12Mattさん、コメントありがとうございます。
Mattさんのブログを見させていただきましたが、凄いですね!私も大会マニアといわれるくらい出るのですが、更に上を行ってますね。しかも、いろんな目標をお持ちで素晴らしいです。
私もMattさんくらい、サブスリーを製造したいです!価値観が結構似ていて、共感できました。今後も、チェックさせていただきます!

junjikoikejunjikoike2012/04/26 21:22サブ10おめでとうございます!!!!すごい!!!

yassuuyassuu2012/04/28 12:56junjikoikeさん
コメントありがとうございます。
100キロの看板もなかったし、サブ10といっても微妙なサブ10になっちゃいましたけどね。junjikoikeさんも是非、ウルトラやりましょうね!

2012-04-21明日はチャレンジ富士五湖

明日はチャレンジ富士五湖です。

今年は初めて112キロの部に参加です。

一応、来月は、仙台ハーフ、野辺山100キロ。6月はゆめのしま24Hなど出るけど、これらはあくまで参加が目的。自分は冬に記録を狙うのですが、11月のつくばから始まり、この大会が記録狙いシーズン最後の山場です。

112キロの部なので、100キロの通過時点で最後の山がないというメリットがあります。

とりあえず、100キロの通過で9時間30分切りをペースとして設定し走るつもりです。残りの12キロはまぁそこそこで走れればという感じですね。

明日の天気予報は雨。ウルトラで雨は嫌ですね・・。