Hatena::Grouprunners

ラン&トレイル&トラックブログ RSSフィード

2011-01-30荒川30K(30キロ)

フロストバイトに出れなかったため、急遽この荒川30Kに参加しました。参加料大変高い(7000円)ため、参加者が集まらなかったのか、先週の段階でも申し込むことが可能でした。最近の市民マラソンは、何ヶ月も前に申し込まないといけないので、こういうレースも大変ありがたいです。

f:id:yassuu:20110129082950j:image

今日の目標は、東京マラソンに向けて、どんな感じのペースで行くかを試す」ものでした。このため、30Kのレースはちょうどいいです。先日出した谷川真理ハーフの記録(1時間24分44秒)を考えると、今のフルのベスト3時間11分48秒はやや遅すぎるため、どうペース配分するかを試してみたいなと思っていました。

とりあえず、具体的には、キロ4分10秒(2時間5分)で走りきってみようというのが、目標です。

コースは河川敷で、同じコースを何回か往復するコースです。しかし、往復といっても、やや変則な往復をするのですが。

f:id:yassuu:20110129085440j:image

5キロ 20分3秒

今日は4分10秒ペースで行けるかどうか・・と思っていたのだが、今日はキロ4分のペースランナーがいる。スタート後、何となくついていってしまう。このペースについて行ったら、後で痛い目にあうなというのは思っているのですが。

10キロ 40分24秒(この5キロ 20分21秒)

多少冷静になり、ペースランナーより少しゆっくりペースで行く。しかし、最初に早いペースを作ってしまうと、下げるのもまた難しいです。最初からペースを固定するのが重要です。

15キロ 1時間00分48秒(この5キロ 20分24秒)

20キロ 1時間21分40秒(この5キロ 20分52秒)

17キロくらいから、時々、ふくらはぎに痙攣を感じ出す。

ハーフ 1時間26分14秒

ハーフの通過が早すぎです。ハーフの大会だったとしても問題ないくらいのタイムで通過。

25キロ 1時間43分37秒(この5キロ 21分57秒)

しかし、やっぱりハーフを過ぎたあたりからボロボロになってきました。4分前半が無理になり4分中盤くらいのペースになる。

ゴール 2時間07分49秒(この5キロ 24分12秒)→一応、自己ベスト

最後の方は、脱水気味になりました。体から力が抜けて、キロ5分でしか走れなくなる。27キロの給水では、止まってコップ10個分くらい一気に給水。気温は低いのですが、限界に近いスピードで走り、水分補給が少ないと、脱水にもなります。ハーフまでだとごまかしがきくのですが、それ以上の距離は、給水も考えなくてはいけません。

f:id:yassuu:20110129124428j:image

終了後は、フードサービスなるもので、お腹を満たせました。

おにぎりとか後ろはビールを配ってます。

f:id:yassuu:20110129124939j:image

カップラーメン

f:id:yassuu:20110129124949j:image

ドーナツ、おしるこ、りんご、みかん

f:id:yassuu:20110129121849j:image

こんな感じで食べられます。

f:id:yassuu:20110129122056j:image

結果は、ボロボロでしたが、良い経験になりました。東京マラソンに向けて得た教訓ですが、

○給水は多少遅くなったとしても、最初からしっかり取る。

○前半は、「何とか行けちゃうんじゃないか」と思ってしまうが、ここで行ってしまうとまずい。4分3秒ペースとかは絶対に厳禁・・というとこでしょうか。